浮気 証拠 不正アクセス禁止法

MENU

夫婦間でも他人のアカウントにログインするのは犯罪です

浮気は許せない

 

自分で浮気調査をする際にやってしまいがちですが、浮気の証拠を集めるときでも、他人のメールを勝手に見てはいけません。

 

パートナーが浮気をしていると分かった時には、しっかりとした証拠を集めて相手にその事実を突き付けたり、法律的な対応をしていく必要がありますが、そんな証拠集めのためでも、してはいけないことがあります。

 

それは他人のアカウントでログインして、他人のメールを見るということです。

 

現在は不正アクセス禁止法によって、このような個人情報は保護されています。

 

不正アクセス禁止法違反は、刑事罰の対象となる犯罪です。

 

※参照:警視庁サイバー犯罪対策

 

不正アクセスとは、何もパソコン上のツールを使って他人のアカウントに侵入するような行為だけを指すのではなく、他人の手帳やメモをみてパスワードを入手し、それを基にして他人のアカウントにログインした時も不正アクセスとなります。

 

これは夫婦間でも同じですので、浮気の根拠を見つけるためでもこのような行為は犯罪となります。

 

不正アクセス禁止法に違反すると3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられるため、実刑をくらうと数年間刑務所に入らなければならない時もあります。

 

そのため個人で浮気調査を行うことは難しく、その道の専門家である探偵や興信所に依頼するのが妥当です。

 

浮気は絶対に許しません

 

浮気調査は素人では決定的な証拠を掴むのは難しい

浮気は許せない

 

探偵が浮気調査する際の基本、尾行ですが素人には難しいです。

 

パートナーの浮気を疑った場合、自分で証拠集めをしようとする方もいますが、素人が尾行などをしてパートナーの浮気現場の証拠を掴もうとすることは失敗の可能性が高いと言えます。

 

信号待ちの際や、駅のホームでパートナーが電車に飛び乗ったような場合など、ばれたり見失ったりするケースが多いのです。

 

また、パートナーに尾行していることを気付かれてしまえば最悪で、そのことにとってパートナーはますます警戒して行動をするようになってしまいます。

 

浮気調査はプロに依頼することがベターです。

 

浮気調査はパートナーに気付かれずに行うことが必要で、そのためには費用はかかるものの、プロの探偵社や興信所に依頼することがおすすめです。

 

探偵や興信所などプロは尾行の際もチームを組んで行ったりしますので、仮に1人が見失っても他のスタッフでカバーすることが出来るのです。

 

また、探偵社のスタッフの顔はターゲットは知りませんので、素人が一人で尾行する時のようにばれてしまう危険性もほとんどないのです。

 

浮気は疑っていることが相手にばれてしまった時点で相手に警戒心を持たれ、慎重に行動されて証拠集めが難しくなりますので、最初からプロに頼むことが最適です。

浮気は絶対に許しません