浮気 チェック

MENU

夫と普段からコミュニケーションを欠かさなければ、トラブルを避けることが可能

浮気調査は自分でやる

 

浮気を疑う時にチェックするポイントとして、夫の食事の好き嫌いが変わったり、味付けにも口を出すような場合は、浮気相手の料理と比較している場合があります。

 

また、新人や上司との付き合いで帰りが遅くなったり、家に戻らない日が増えた場合は、浮気相手と過ごしているケースもあります。

 

明らかに以前と様子が違っている場合は、飲みに行く日が多いけれど無理にないように、気遣うようにして質問したりして、夫からの反応を感情的にならずに見てみましょう。

 

夫が浮気をしていた場合、すぐには返事をしないで、ぼろを出さないように慎重に返事をしようとすることがあります。

 

 

夫が携帯電話を肌身離さず持ち歩くようになり、メールやLINEなどを熱心にチェックするなどした時は、メールやLINEをする相手と親密になっている可能性が考えられます。

 

夫が記念日でもないのに、花束やアクセサリーなどのプレゼントをしてくれたり、普段よりもやさしく接してくるようになった時も浮気をしていることがあり、やましいことをしていることを隠す為に、花束などのプレゼントを贈るなどして、妻に優しく振舞うことがあります。

 

夫と普段からコミュニケーションを欠かさなければ、トラブルを避けることが可能です。

 

確実な浮気の証拠を掴んでおくことで今後自分が有利に事を進めることができる

浮気調査は自分でやる

 

最近は離婚率が上昇している状態でもあります。

 

その理由もさまざまですが、ともに生きていくと決めた二人であっても時に感覚の違いや違う異性への心変わりなど、それぞれが違う道を歩もうという決断になったりするのです。

 

特に他の異性に気持ちが動いてしまった浮気した場合には、婚姻関係にある状態であれば、不貞行為として法的にも離婚理由として認められるよケースもあります。

 

そこで配偶者が浮気をしている場合には、浮気の証拠集めが必要になってくるものです。

 

浮気の確実な証拠があることで、協議離婚では話し合いを自分に有利に、そしてスムーズに進めることができたりしますし、調停や審判、裁判などになった場合においてもそれによって、いろいろな条件で自分の思い通りに進めることができる可能性があるのです。

 

ですから、相手が浮気をしているときには、確実な証拠があるかないかでかなり違ってくることになるのです。

 

 

そこでなるべく浮気をしているという決定的な証拠を得るようにするといいでしょう。

 

証拠内容としては、相手が他の異性と不貞行為に及ぶところの写真や映像などがあるといいでしょう。

 

また、浮気相手とのメールやラインのやりとりなどがわかるもので不貞行為をしていることがはっきりとわかる内容であれば、それも証拠になります。

 


とはいえ、裁判で有効になる浮気の証拠とは「継続した不貞関係」が証明できる証拠に限ります。

 

現実問題として自分の力のみで浮気現場を押さえて映像なりに証拠を残すことはかなり厳しいでしょう。

 

確実に浮気の証拠を掴んでおきたい場合には、探偵や興信所を検討してみるべきでしょう。

 

浮気は絶対に許しません