浮気 証拠がない

MENU

浮気の証拠がない場合でも離婚して慰謝料請求できる?証拠を集めるためには?

浮気は絶対に許しません

 

お互いに愛し合う気持ちがあったからこそ結婚をしたはずなのに、いつの間にか気持ちがすれ違ってしまうということもあります。

 

それが徐々に感じ取れるようになってくると、思い悩むことになってしまう場合があります。

 

仕事などを理由に帰りが遅くなったり、携帯電話をいつも持ち歩くようになったり、何かそわそわして落ち着かないような様子が見られたり、休日に出かけたりして家にいる時間が減ってきたり、配偶者の行動が怪しいと思えるようなことが続くようだったら、要注意です。

 

相手が浮気をしているかもしれません。

 

そのままの状態でいるのはお互いに不幸になるばかりです。

 

そこで別れるということにしてもやり直すにしても証拠をつかみ、はっきりとされるのが一番いいのです。

 

そのためにも浮気の証拠を集めたいものです。

 

離婚をする際には証拠があることで、自分自身に有利に働くようになるのです。

 

まずは行動パターンを知って、浮気の現場を押さえましょう。

 

性的な関係があるとわかるような場所に行く様子がわかる写真や映像は決定的な証拠になりますし、類似の状況の様子がわかるメールなども証拠になります。

 

自力で証拠集めができないときには探偵などに依頼するのが得策です。

 

なぜなら、浮気の証拠を集めた後に離婚裁判を起こし、慰謝料を請求するとなると裁判で使える証拠が必要になるからです。

 

具体的には「不貞行為(肉体関係」があった証拠が必要になりますが(いくつか条件アリ)、その証拠があれば慰謝料を請求することができます。

 

浮気を認めない旦那に浮気を白状させる方法とは?

浮気は絶対に許しません

 

浮気を認めさせてしまえば、離婚調停に持ち込むにも、今後の話し合いでも有利に事を運ぶことができますが、旦那が頑なに浮気を認めない場合があります。

 

この時はどうだったのか、あの時はどうだったのかと指摘してもかわされ続けて、逆に窮地に立たされることもあります。

 

いかに旦那を白状させるか、そのためには決定的な証拠を示すしかありません。

 

この場合における決定的な証拠とは、不貞行為の現場に他なりません。

 

離婚調停などの場では不貞行為を認定するかどうか、それに関する証拠が採用され、メールなどで不貞行為を証明するのは難しく、あくまで状況証拠にとどまってしまいます。

 

そのため、探偵などを使い、ラブホテルから出てくる現場を押さえるということが求められ、それを示すことが旦那の浮気を白状させるきっかけとなります。

 

友人の証言などをかき集めても、恐らく旦那は浮気を認めず、延々と言い訳や詭弁を言い続けることになります。

 

だからこそ、決定的な証拠を突きつけることが大事です。

 

それでも認めない場合は司法の場で判断してもらうことを示唆する、もしくは旦那側が浮気ではないことを証明させるといった強硬手段に出て、最終的には白状させるというのもあります。

 

浮気は絶対に許しません