浮気 証拠がない

MENU

小さな証拠でも集めておくことで、物事が動き出す

浮気は許せない

 

浮気の疑念はあるけど、なかなか浮気の証拠がみつからない。

 

そんなときでも、小さな浮気の証拠でも集めておくべきです。

 

旦那さんが浮気をしているように感じるものの、確証がない場合は奥さんとしては非常に歯がゆい気持ちになるものです。

 

しかし全く何の証拠もない場合、探偵社に調査を依頼するにしても話す内容がほとんどありません。

 

従って小さな証拠で構わないので、とにかく浮気に繋がる何かを見つけ出すようにすることが先決です。

 

これにより、膠着した状態を動かすきっかけになります。

 

 

その上で探偵社に依頼すれば決定的な証拠を掴んでくれる期待が高まります。

 

探偵社というのは不倫などの調査を何度もした実績があるため、依頼すれば旦那さんの浮気現場をおさえてくれる可能性はかなり高いです。

 

浮気の証拠がないと思って不倫相手が誰なのかすら分からないだろうと思っていた場合、調査によってそれらが解明されれば辛いこともありますが、きもちのもやもやは吹っ切れるものです。

 

ラブホテルに浮気相手と入る写真をみせた場合、旦那さんは何も反論できません。

 

そして旦那さんに浮気を認めさせて以降は、話し合いで不倫をやめさせるか、離婚という話を切り出すかになります。

 

仮に離婚裁判になった場合、探偵社が撮ってくれた浮気の証拠写真は奥さん側に非常に有利にはたらきます。

 

具体的には旦那にも浮気相手にも慰謝料を請求することが出来ますし、浮気相手と別れさせることも出来ます。

 

従ってそれなりの費用はかかりますが、不倫・浮気調査は専門の探偵社に依頼するのがベターです。

 

浮気は絶対に許しません

 

離婚でも関係修復でも浮気の証拠は必要

浮気は許せない

 

夫婦関係がうまくいっていればいいのですが、二人の関係が悪くなったり、相手に対して不信感を抱くようになったら、とても気分が悪くなってしまうものです。

 

もしも配偶者が他の異性と浮気をしているとしたら、とても落ち着かない気持ちになることでしょう。

 

毎日の生活に支障をきたし、心穏やかでスムーズな生活をすることができなくなることでしょう。

 

 

そこで相手が浮気をしている可能性があり、極めて怪しいといった状況になったら、その浮気の証拠を掴むようにしたいものです。

 

離婚をするにしても関係を修復するにしても、浮気の証拠があったほうが相手に言い逃れをさせることもできなくなりますし、その後の慰謝料請求などどちらにしても自分にとって有利に物事を進めることができるのです。

 

そこで浮気の決定的な証拠を掴むためにも探偵事務所などに依頼をしてプロの探偵に証拠を得ることができるようにするのがいいでしょう。

 

特に不貞行為をしていることがわかる密室状態になる建物、マンションやホテルといったところに出入りする姿を写真や映像などで撮っておくことで、確実は浮気の証拠になるのです。

 

自分で尾行をしたりして、その場を押さえるには時間も労力もかかり限界があります。

 

浮気調査はプロの探偵や興信所へ依頼をしたほうがばれにくいですし、よい形で問題解決に進めることができるようになるのです。

 

浮気は絶対に許しません