浮気調査 自分で

MENU

まずは手軽にできるクレカ明細やレシートのチェックから始めてみる

浮気調査の依頼

 

手軽に自分で出来る浮気調査といえば、レシートやクレカの明細などは比較的簡単に調査ができます。

 

もし、スマホの中身やPCのメール、SNSなども見ることが出来れば、あっさりと浮気の証拠を掴むことも出来ます。

 

自分が好きになって結婚をした相手であっても、いろいろな状況から不信感を持つようになることもあります。

 

特に他の異性の香りがしたときには要注意です。普段と違った様子が見られるときには冷静でいるのも難しいのですが、そこで証拠を掴むためにも自分の目で確かめることができるようにしていきたいものです。

 

疑わしい行動などが気のせいだったと笑えればいいのですが、そうでないときには深刻な問題になります。

 

それが原因で離婚をするということになる場合もあるのです。帰りが遅くなったり、家にいる時間が少なくなったり、夜の生活がおろそかになったり、携帯を持ち歩くなどの行動に出たり、いろいろな兆候が見られるかもしれないのです。

 

まずははじめにすべきこととしては、相手を見極めることです。

 

冷静謙虚にどのように行動しているのかを知るようにします。

 

それを事細かく書きとめておくなどして、相手の行動を分析してみます。

 

そして日時などに規則性があるのか、そして行動している場所などが特定できればそれに越したことはないのです。

 

そして浮気の証拠として探偵に頼んで尾行をしてもらうのもいいのですが、行動パターンから自分で尾行したり、メールの内容や車のナビ、GPSなどから浮気の糸口になるようなものを見つける方法もあるのです。

 

セルフ調査はやりすぎると法律的にアウトになることも

浮気調査の依頼

 

浮気の疑いがあるときに、自分でその証拠を掴もうと考える場合があります。自分を安心させるために、相手のことを信頼し続けるために大切なことですが、そのやり方には注意を払うことが大切です。

 

例えば、相手の携帯を見て浮気の証拠を掴もうとする場合には、相手に見たことを知られないようにすることが必要です。

 

携帯を見るということは、プライバシーの観点から相手を不快にする可能性もあります。

 

その結果、修復できないような溝をつくってしまうこともあります。

 

さらに、携帯には自分が知りたくない情報が溢れている場合もあります。見た後に動揺してしまうことのないように、覚悟してから行動に移しましょう。

 

また、相手を1日を尾行することも証拠集めの方法です。

 

しかし、盗聴器やGPS機能のあるアイテムの利用の仕方によっては、ストーカー行為と同じような行為になりかねません。注意をして行うことが大切です。

 

このように、浮気の疑いがあるときには自分自身が冷静さを失ってしまい、正しい判断ができない場合もあります。

 

しかし、冷静になって考えましょう。浮気の疑いをもってしまうような相手と、これからも一緒に居たいですか。大切な人が本当にその人なのか、見極める機会です。

 

法律に触れない程度の、簡単な自分でできる浮気調査からやってみましょう。