浮気 状況証拠

MENU

慰謝料請求が認められるような浮気とは「肉体関係」の証拠

離婚のために浮気の証拠を掴む

 

浮気は状況証拠だけでも訴えられるのかどうかですが、もちろん訴えることは可能です。

 

しかし認められることはそれだけ厳しいというか、少ないでしょう。

 

先に、慰謝料請求が認められるような浮気とは何かを言っておきます。それは、肉体関係です。

 

ですから、肉体関係を示せるような証拠が必要となるのです。

 

例えば、浮気相手とのメールなどが状況証拠の代表例です。

 

食事に誘っている、誘われているメールがあるというのは、普通の感覚ではかなり怪しい、ちょっとあり得ないと思うかもしれません。

 

しかし、そのメールだけで肉体関係を証明することができるでしょうか。厳しいというのは分かって頂けるでしょう。

 

つまり、このような状況証拠だけでは立証が困難であり、もっと直接的な証拠が必要となってくるのです。

 

例えば、二人でホテルへの出入りをしている写真などです。ホテルの部屋でそれなりの時間滞在したとなると、これは相当に動かぬ証拠となり得ます。

 

しかし注意してください。単にホテルに出入りしているだけだと、ホテルのレストランで食事をしただけと区別がつかないかもしれません。

 

そのようなレストランなど無いホテルであるとか、部屋そのものへの出入りの写真などであれば、強力な証拠になります。

 

状況証拠だけでは慰謝料請求などが認められる可能性は低く、物的な証拠が必要になる

離婚のために浮気の証拠を掴む

 

浮気の証拠にも2種類あります。

 

一つは状況証拠、もう一つは物的証拠です。

 

基本的には、状況証拠だけでは慰謝料請求などが認められる可能性は低く、物的な証拠が必要になると考えて下さい。

 

ちなみに浮気とは相手との肉体関係です。

 

ただ単に親密にしている、一緒に食事をしている、メールしているなどはおろか、キスでさえも浮気の証拠にはなり得ません。

 

肉体関係の状況証拠としてはまさにこのような例が挙げられます。

 

一緒に食事をしている写真あるいはそのときの領収書やクレジットカードの明細書、相手とやり取りしたメールなどがまさに状況証拠であって、残念ながらこのようなものでは訴えても慰謝料請求を勝ち取れる可能性は低いのです。

 

では、浮気の物的証拠とはどういうものでしょうか。

 

予め断っておきますが、さすがに肉体関係を持っているまさにその現場の証拠写真などは無理だということは裁判所も分かっています。

 

そこまでの証拠は必要とされません。肉体関係以外に考えられない、それが繰り返されていると納得できるような証拠のことです。

 

例えば、二人でラブホテルに入っていくところの写真、一定時間後に出てくるところの写真などは決定的です。写真よりも動画であればなおのことです。

 

いずれにしろ、継続した不貞行為の証拠が必要になります。その上で、弁護士に離婚や慰謝料請求の相談をすると良いでしょう。

 

※全国の弁護士会・弁護士連合会はコチラ