浮気 する しない

MENU

浮気するしないは性格よりも環境的要因が大きい

浮気を調べる

 

浮気願望の根源は、野生の本能のなごりです。

 

男性の多くが潜在的な浮気願望を抱いていると言われています。

 

現実問題として男性の本能には多くの女性とお付き合いしたい、という意識があります。

 

それは古来、人がまだ野生の世界で暮らしていた頃の本能のなごりであり、強い雄程、いわゆるハーレムを形成し、優秀な遺伝子を後世に残したいとの衝動にかられます。

 

事実、理性的な男性でも、スポーツやビジネスの才覚に長けた男性は、そういった雄としての本能が強い事があり、浮気願望を強く抱きやすい傾向があります。

 

また、男性個人の真面目さよりも、環境が不倫を誘発します。

 

ただ、浮気したいと気持ちを抱きやすい優秀な男性も、その多くが真面目に妻との約束を守ります。

 

本能の赴くまま本当に浮気をする人、実直に貞操を守る男性、その具体的な違いはどこにあるのか?

 

端的に言えば、環境的な要因が大きいです。

 

子供や妻、更には他の家族とワイワイガヤガヤ楽しく暮らしている男性は精神的に充実し、たとえ心の奥底に下心があったとしても、言わば妄想の世界でそれを処理し、不倫を実践する事はありません。

 

一方で男性が単身赴任や長期出張などで、いわゆる一人っきりの環境になりますと、内に秘めていた雄としての本能に火がついてしまいます。

 

男性個人の真面目さによって不倫の有無が決まると考えられていますが、実際は環境的な要因が大きく、実直な誠実な男性が絶対に不倫しないとも言えませんし、反対にいわゆる大の女性好きな男性も家族と豊かな暮らしをしていれば、実際に不倫を実行する可能性は限りなく低いです。

 

浮気したいと思う男女の共通点とは

浮気を調べる

 

浮気したいと思う男女の共通点とはどのようなものでしょうか。

 

浮気したいと思ってしまうことは男女ともにあることですが、実際に行動に移すかどうかは人それぞれです。

 

実際に浮気をしてしまう人の特徴としては、パートナーとの関係が今までとは変わってしまうというものがあります。

 

ある程度長く一緒にいると、理解してもらえないと感じてしまうことがあるものです。

 

また、今までは言われなかったような物の言い方をされるなど、とにかくパートナーとの関係が今までのようではなくなった時というのは、浮気に走ってしまいがちです。

 

浮気をしているかどうか見抜く方法についてです。

 

パートナーが浮気をしているかどうか気になってしまうことは男女共にあるでしょうが、それを見抜く方法というのはいくつかあるものです。

 

まず、パソコンや携帯電話を使う時間が増えた場合には要注意です。

 

もちろん、普通にショッピングや仕事をしているだけというパターンもありますが、そうではない場合もありますから、気にしておいても良いでしょう。

 

また、出掛ける機会が増えるというのも浮気の可能性がある行動の一つです。今までと明らかに外出の回数や時間が増えたら、浮気の可能性もあるものです。

 

もし部屋や車の中にレシートがあった場合、その内容から感じ取れる場合もあるものです。

 

浮気は絶対に許しません