浮気 女性 特徴

MENU

浮気しやすい専業主婦の心理とは

浮気を許してはいけない

 

浮気するのは男性だけ、そういった時代は終わりました。

 

浮気や不倫をするのは男性が大半だと言われていました。

 

しかし、最近では逆に女性の不貞行為が急増しています。

 

背徳的な恋愛を題材にしたドラマや映画が軒並みヒットしており、実のところ浮気や不倫について、多くの女性陣が関心を強く抱き始めています。

 

背徳的な恋愛に走りやすい女性の特徴はいくつかあります。

 

まず、テレビやドラマの影響を受けやすい素直な方は、その世界観に強く影響され、自分も劇中で描かれたような背徳的な恋愛を楽しんでみたい、と言わば好奇心から浮気に走ってしまう傾向が見られます。

 

テレビの視聴時間が長く、平日の余暇を持て余している専業主婦の浮気率も高いと言われており、キャリアウーマンよりも専業主婦の方が危険な恋愛にハマりやすい特徴があります。

 

専業主婦を不貞行為に走らせてしまう心理とはどういったものなのでしょうか?

 

刺激の少ない平凡な暮らしを続けている専業主婦は、ついつい好奇心や自己承認望から不貞行為に走る事があります。

 

夫や家族から認められていない、自分の主婦業の頑張りが正当に評価されていない、セックスレスが長期化している、そういった専業主婦の自己承認欲が満たされない状況が続きますと、愛に飢えた気持ちが強くなります。

 

誰でも良いので自分を承認してもらいたいという危険な心理状態へと至り、普通の主婦が不倫へとハマってしまいます。

 

体目的の男性には嫌ってもらった方がむしろプラスに

浮気を許してはいけない

 

浮気目的、いわゆる体目当てで女性と関係を持とうとする男性は多くいますが、こうした男性を見抜く方法として一番有効なのが、すぐに関係を持とうとする態度です。

 

本来、この人と結婚したいと思う相手に対し、慎重に動こうとしたり、できるだけ大切に扱おうとしたりし、関係をすぐに壊さないようにします。

 

しかし、浮気目当ての男性は関係さえ持てればそれでいいという人が多いため、すぐに関係を持とうとします。

 

本当に大切に思っている人に対しては、何度でもアタックをかけますが、脈なしと見るやいなや、サッと手を引いてしまう特徴があります。

 

こうした浮気目当ての人を撃退する方法として、関係を持とうと仕向けられたときに、その気はないとはっきり伝えることです。

 

少々気が引ける作戦ではありますが、明確な意志を示すだけでなく、嫌ってもらった方がむしろプラスになります。

 

やりすぎてしまうと恨みを買う恐れがあるため、程々にしておくことが求められます。

 

こうした浮気目当ての人と付き合い、結果として別れると空虚な気持ちだけが残ります。

 

いったん間を置くと、多くの人は諦めてくれますが、理由をつけて何とか手に入れようとする人もいます。

 

本気の恋をその人がしたいのかどうか、見極めるということをしていかなければなりません。